7.31.2014

フランス旅7

まだまだ続く3月の話(早くしないと今年が終わってしまう…)

初めてパリへ降り立った時から必ず行っているABBESSES。パリはどこも素敵だけれど、やっぱりモンマルトルが一番好きです。
モンマルトルは一番散歩している界隈なのに(とはいってもお店とかはあまり知らない)、アメリのカフェと八百屋さんへ行ったことがないので、今回こそどちらかに遭遇するだろうと、歩いたことがない道を選んで歩いていたら、やった!アメリの写真ベタベタ貼ってある八百屋さんを発見。ここだ!(←こんなふうに偶然見つけたい)でも、やっぱりカフェはまだ行けていません。もう行ける日がないかもしれないので地図見て探せばいいのだけど、どうしても偶然がいい…。あとムーランルージュもまだ。ま、そこまで何が何でも行きたい場所ではないのでしょう…
あったあった。この壁は、弟のバンドのCDジャケットに使った壁。ところが今回来てみたら変な張り紙が沢山貼ってあって残念!2,3年前の壁はこんな感じ↓
とても気に入っていた古いカフェがなくなってしまっていた。この左のオレンジ色のカフェ。しかもなんだか見た目は普通なカフェでガーン…。
↑この左のカフェ。同じ角度で撮ればよかったと後悔!右奥のお店は今もあるのでホッ。この手前のカフェは昔マグカップを作ったときの絵柄で参考にしたカフェでもあり、昔一人旅した時にたまたま出会ったフランス人とお茶したのもココ。思い出のカフェです。
今年のカレンダーにも使った背景
3月頭なのに、かなり暑くて半袖の人がいるくらい。わたしはこのときダウンコートにブーツに真冬の格好で汗かいていたのでアイスアイス……
サクレクールと桜
この景色を見ないと帰れない
ポストカードでお決まりの。やっぱり撮っちゃうこの角度。
何年か前もこのギンギラギンのギャラリーを撮った↓
今回も撮った理由は、行く直前に「RONIN (1998)」というロバート・デ・ニーロ主演のフランスを舞台にした映画を観て、最初のシーンに出てくるところに似ているなぁと思い(場所は確実にモンマルトル)、確認のために撮ってきたのでした。映画だと、このギンギラギンのところがカフェになっていて… でも、映画の場合はセットという可能性もあるし、まぁ、勝手に想像しているだけです…
このRONINの見どころは、本格的な迫力満点のカーチェイス!好きなクルマが沢山出てきてメチャクチャカッコいいのです。なぜか昔からカーチェイスシーンが好きで興奮してしまう。(自分で街中や高速走るのは苦手なのだけど)ミニミニ大作戦とか007でボンドが美女と競争するシーンなんかはもう…♡ というわけで、今年観た「RUSH」も好き。好きなシーンは、ニキ・ラウダが可愛いalfaromeoで田舎道をブォーンと走るシーン。ズキュン!でした。関係ないけれど、RUSHのメモ↓  実話を忠実に描いているこの映画、ニキの辛いシーンもありますが、感動的な映画です。ニキ役のダニエル・ブリュール、何か見たことあるなぁと思ったら「グッバイ・レーニン」のあの子でした♡

パリからだいぶ反れました。戻ります。

そうそう♡この、奥のテーブルにいる猫♡あぁ!また会えました♡4年前、夜にモンマルトルを散歩した時にこの猫ちゃんに会っているのです。
この写真は2010年の真冬。この窓辺の猫が置物かと思って写真を撮っていたら、動いたのでビックリ!本物の猫ちゃんです。その子が、、いたのです〜!あぁ、嬉しい。

というわけで、思い出話になってしまいましたが、まだまだまだ続く……

7.22.2014

Resonance vol,10


2014.7.25.fri - 8.2.sat (30日は定休日)

大岡山にある素敵なギャラリー、Maison de Chapeauにて開催されるグループ展に参加します。

イベント詳細はこちら↓
http://www.ulalakoroku.com/r/event/index.html

* * merci beaucoup! * * * * * * * * * * 
連日お暑い中お越し下さった方、どうもありがとうございました!!!! 
また次回展示を開催する際はこちらでもお知らせいたします。

7.17.2014

フランス旅6

やっとパリ(※3月の話)。朝ルーアンを出て午前中にパリ着。
ルーアン→サン・ラザール→マジェンタ→北駅へ
何かが故障でこのRERの駅で30分以上待つ羽目に…たった一駅なのに。おまけに、今回何故か切符10枚綴りを買い間違えてギャー!倍もした。
北駅のカフェでパパッとお昼を済ませてIénaにあるガリエラ美術館へ。
行き交うクルマに目がいってしまい、しばらくクルマたちをボーッと眺める…
お、チンク発見
これを観にガリエラ美術館 モード&コスチューム博物館へ。初めて来たが、素敵なところだった。周辺は静かで広い庭園があり、目の前にエッフェル塔が見え…。
今回の展示は、1918年から現代まで世界中のVOGUEで活躍したファッションフォトグラファーの写真展。写真集で見たお気に入りの写真があったり、昔のVOGUEがズラリと並べてあるコーナーではガラス越しだけど誌面をゆっくり鑑賞
美術館の目の前はパレ・ド・トーキョー。道路渡るとこんな景色が♡あぁ!友人が撮っていた写真はここからだったんだ!と1人でこっそりはしゃぐ。この後、目の前のこの階段を下りてセーヌ川方面へ。

video
そのまま歩くとすぐシャンゼリゼ。ルーアンで閉まっていたB&O、シャンゼリゼにもあることを思い出し、探しながら歩いていたら発見。ディスプレイは割と普通、イケメン店員さんにズーズーしく仏版と英版カタログを1冊ずつくださいと言ったら10euroですと冗談を言われ、無駄にドキドキしました。
B&Oの反対側にラデュレ。サンジェルマン店でお土産でしか買ったことがなかったので、一度はカフェに入ってみたかったのでした。
一応RENAULTに入る
video
シャンゼリゼはクルマをただボーッと眺めるには絶好の場所。撮っていたらチンクが2台映った♥
ドリス・ヴァン・ノッテンの展示?!これは絶対行かなくちゃ!


つづく…