12.31.2014

大晦日

毎年恒例、大晦日には鎌倉の長谷寺へ行く。何度も来ているのに洞窟があることを今回初めて知った…。


だいたい大晦日はポカポカで気持ちの良いお天気!というわけで、家からおにぎりを作って長谷で買ったしらすカレーパン(美味しい!)と一緒に由比ヶ浜でノンビリ…

佐助神社へ。今年もお世話になりました。ここもまだ奥深く行っていないので次回は探検してみよう。


パリ写真も中途半端、11月のニューヨーク写真も載せたいと思いつつ…終わってしまいました2014。2015年も良い年になりますように☆



12.08.2014

フランス旅9 -壁編-

まだ載せきれていない3月のパリを年内になんとか…
今回は「壁シリーズ」

10.17.2014

FOGLAMP


10月15日に横浜を拠点に活動している弟のバンドFOGLAMPのCDが全国発売。

9.17.2014

バレエリュス、白鳥の湖など

先月末に観に行ったバレエ・リュス展をメモ
毎度のことながら、展覧会はいつもギリギリで駆け込むパターン。
バレエリュスといえば、何年か前に観に行った「バレエ・リュス 踊る歓び、生きる歓び」という素晴らしいドキュメンタリー映画を思い出しました。これももう一度観たいなと思ったのですが、会場で流れていた「青列車」のDVDがあったのでそちらを早速ポチりました。当時のバレエリュスの舞台を90年代にパリ・オペラ座バレエが再現したもので、ココ・シャネルの本を読むと必ず青列車が出てくるし、ジャン・コクトーだし、いつか見てみたくてずっと気になっていたのでした。いくつか入っている作品の中に、ピカソが舞台美術を担当したものもあり、なんて豪華なんでしょ。あとでゆっくり鑑賞しよう♡ 
ついでにイヴ・サン・ローランも思わずポチっ…


バレエ繋がりで…
先日マシュー・ボーンの白鳥の湖を初めて鑑賞。舞台のデザインも格好良くて、全てがため息モノ!そう、マシュー・ボーンの白鳥の湖といえば「リトルダンサー」。試写会が当たって観に行って号泣したのは、もう10年以上も前の話。その映画をもう一度、このタイミングで絶対観なくては!と。何度観ても号泣。

9.08.2014

tumo's "MATSURI" at MARKT RESTAURANT CAFE

二子玉川にあるマルクトレストランカフェ(マルクトカフェが新しく生まれ変わりました)にて開催されるMATSURIに参加します。夏の終わりのおとなの祭り!ぜひ遊びにいらしてください。

2014.9.13.sat   11:30-18:00

FREEDOM MARKET

さまざまな分野で活躍するクリエイター約20組が参加する「フリーダムマーケット」
スタイリストやデザイナーの愛用の私物やオリジナルの商品、普段はお目にかかれない商品が並びます!

参加ブランド

bebelulu/Blossom/CASUMINO/Confiture de Luna/DOROTHY VACANCE/filigue/Grandmoppet/Knit and Knot/Knittomo Works/Kupica/NOCE ANTIQUES/una carta/omajinai/rataroki/tumo/タナカホンヤ/トリゴエカナ/むらさきはなな
and more...

※後日参加ブランドさんのご紹介させていただきます!


OTONA NO ENNICHI

「おとなの縁日」と名付けまして、rataroki jewels名物のクラゲピアスのわなげや、tumoの看板キャラクター“つも谷さん”のくじ引きも登場!
普段は子どもたちのためのゲームも今回はおとな使用に・・・!

WORK SHOP
大森にお店をかまえるDOROTHY VACANCEよりお子様も楽しめる「キラキラゴム」、Knittomo Worksより大人のための「ニットがま口ポーチ」のワークショップが開催!こちらは事前予約制となっておりますのでご注意ください。
(キャンセルが出た場合、当日飛び入り参加可能です)

※後日ワークショップのお知らせ致します。

RELAXATION SPOT
お買い物途中、お買い物のあとにはがんばるおとなのためのワンコインから受けられる「リラクゼーションスポット」がオススメ!施術された方にはオリジナルブレンドのハーブティをサービス!

NAIL SALON
おしゃれは指先から!鷺沼むらさきはななさんによる出張ネイルサロンがMATSURI限定価格でオープンします!
普段はサロンでしか買えないhanana×rataroki jewelsのアクセサリーも販売!

MANA CARDS READING
お買い物に迷ったとき、恋愛やお仕事のお悩みはハワイのマナ・カードリーディングで占ってもらいましょう!


MARKT RESTURANT CAFE
〒158-0094東京都世田谷区玉川1-17-16
http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131708/13022611/
二子玉川駅より徒歩8分

8.21.2014

手創り市 at 養源寺

千駄木にある養源寺にて開催される手創り市に出展します。
数は少ないですが、BAGやポーチ、イラストシール、イラストカードなどを販売予定。

8月24日(日)9:00-16:00
開催場所:養源寺
東京都文京区千駄木5-38-3

詳細はこちら→http://www.andscene.jp/
アクセスマップ→http://www.andscene.jp/access.html

8.12.2014

フランス旅8

今回観に行った展覧会memo
Papier glacé @ガリエラ美術館
1918年から現代まで、世界中のVOGUEで活躍したファッションフォトグラファーの写真展。これまで写真集などで見たお気に入りの写真があったり、昔のVOGUEがズラリと並んでいるコーナーでは、ガラス越しだけど誌面をゆっくり鑑賞できました。昔の雑誌の誌面はなんて贅沢だったのだろう!!もっともっと見たかった!
雑誌の写真といえば、好き過ぎて以前たくさん模写した表紙たちを自分で製本したもの。この中の写真もあり、感激しました。
DRIES VAN NOTEN "INSPIRATIONS" @装飾美術館
ドリス・ヴァン・ノッテンのインスピレーション展。とても刺激的で面白い展示でした。10代の頃夢中になって観ていた「ファッション通信」で、ドリス・ヴァン・ノッテンは私にとっては難しく…絶対普段着れそうにないし、お洒落上級者でないと理解できないのだろうな…と敷居が高いイメージでした(ま、今でも変わらず敷居は高いのだが)。ところが、これを観て見方がだいぶ変わりました。この展示では、作品と一緒にその服ができる前のインスピレーション源も展示してあり、例えば意外にもスーパーマンや花様年華、メキシコやアルモドバルや陸上競技などなどなど、ジャンル問わず誰もが知っているものなどあらゆる分野からインスピレーションを得て、この人が昇華するとこんなデザインになるのか!頭の中すごい!面白い!…とこんな感じで釘付けになって鑑賞してしまいました。それらを観たあとにショーの映像を観ると、これまでと違った角度から観ることができて、新しい発見でした。しばらく最新ファッション情報から遠のいていたけれど、またチェックしたくなりました。
これを早めに書こうと思ったのに、もう8月…。この展覧会は8/31まで!

ROMAIN D'UNE GARDE-ROBE @カルナヴァレ美術館
今回観に行ったものはたまたま3つともファッションに関する展覧会でした。カルナヴァレ美術館では、1910年代〜20年代にヴァンドーム広場にあった高級ブティックのカリスマ販売員(といっていいのかな?)だったAlice Alleaumeのワードローブを展示してあり、当時のベルエポックのパリジェンヌファッションを見て感じることができた展覧会。Lanvinのドレスがとっても素敵で印象に残っています。あとでスケッチしよう。
顧客リストを見ると、彼女がどれだけ影響力が大きかったかが分かり、いつの時代もお客と一番近い店員さんの存在は大きいのだなぁと(N.Y.のバーグドルフグッドマンのドキュメンタリー映画でもカリスマ店員さんが出ていたのを思い出した)。
そして、最近ぜっっっんぜん洋服を買いに行っていない&お洒落をしていない、しようと努力していないことに気づいてゾッとしました。マズイマズイ…
観終わって中庭に出るとポッカポカで暑いくらい!そして路上でのジャズ生演奏が聴こえてきてとても気持ちよかったので、しばらく中庭のベンチでボーーーッと…。(映像にも音が入っていて、うまい具合に素敵男性が2人歩いてきた)。

図録を買ってくるんだった…とメチャクチャ後悔。

パリの美術館で好きなところmemo
マルモッタン美術館…高級住宅街の中にあり、建物も素敵な上にモネ作品がたくさんある。この界隈のオープンカフェはお洒落な人がたくさんいて、ついジロジロ見てしまう。特にお年を召したマダムたちのファッションが印象的で、素晴らしかったのは"靴"!歳を取ったから歩きやすい靴…でななく、皆さん素敵なヒール靴を履いていて姿勢も美しく、お洒落度高くて圧倒されました…)
オランジュリー美術館…モネの巨大な睡蓮の絵の部屋があり圧倒される
モンマルトル美術館(モンマルトルにあるこじんまりとした中庭が素敵な建物で、もともとロートレックやユトリロがアトリエとして使っていた邸宅。私が観に行ったときは、ジャン・マレーの展示をしていて、美女と野獣の野獣の被り物なんかもありました)
ガリエラ美術館…周辺も静かな落ち着いた雰囲気で、いかにもパリなロケーションも素晴らしい
オルセー美術館…もともと駅だったというだけでもテンション上がる
ルーヴル美術館…未だ観れていないところがたくさん
カルナヴァレ美術館…マレ地区にあり、一瞬通り過ぎてしまうくらい地味な建物(といっても1548年に建造されたもの)だけれど、中へ入ると素晴らしい中庭があり、居心地が良くて長居してしまう場所。常設展は無料(それだけでも十分満足)
ダリ美術館…モンマルトルの丘にあり、ダリワールドにどっぷり浸かれる(パリへ初めて行った時に間違えて出口の唇ドアから入ろうとして注意された思い出が)
ピカソ美術館…マレ地区にあり、行ったのはだいぶ前だけれどここも落ち着いた雰囲気と光が綺麗に入るところで、ゆったりとピカソの絵を堪能できる場所

7.31.2014

フランス旅7

まだまだ続く3月の話(早くしないと今年が終わってしまう…)

初めてパリへ降り立った時から必ず行っているABBESSES。パリはどこも素敵だけれど、やっぱりモンマルトルが一番好きです。
モンマルトルは一番散歩している界隈なのに(とはいってもお店とかはあまり知らない)、アメリのカフェと八百屋さんへ行ったことがないので、今回こそどちらかに遭遇するだろうと、歩いたことがない道を選んで歩いていたら、やった!アメリの写真ベタベタ貼ってある八百屋さんを発見。ここだ!(←こんなふうに偶然見つけたい)でも、やっぱりカフェはまだ行けていません。もう行ける日がないかもしれないので地図見て探せばいいのだけど、どうしても偶然がいい…。あとムーランルージュもまだ。ま、そこまで何が何でも行きたい場所ではないのでしょう…
あったあった。この壁は、弟のバンドのCDジャケットに使った壁。ところが今回来てみたら変な張り紙が沢山貼ってあって残念!2,3年前の壁はこんな感じ↓
とても気に入っていた古いカフェがなくなってしまっていた。この左のオレンジ色のカフェ。しかもなんだか見た目は普通なカフェでガーン…。
↑この左のカフェ。同じ角度で撮ればよかったと後悔!右奥のお店は今もあるのでホッ。この手前のカフェは昔マグカップを作ったときの絵柄で参考にしたカフェでもあり、昔一人旅した時にたまたま出会ったフランス人とお茶したのもココ。思い出のカフェです。
今年のカレンダーにも使った背景
3月頭なのに、かなり暑くて半袖の人がいるくらい。わたしはこのときダウンコートにブーツに真冬の格好で汗かいていたのでアイスアイス……
サクレクールと桜
この景色を見ないと帰れない
ポストカードでお決まりの。やっぱり撮っちゃうこの角度。
何年か前もこのギンギラギンのギャラリーを撮った↓
今回も撮った理由は、行く直前に「RONIN (1998)」というロバート・デ・ニーロ主演のフランスを舞台にした映画を観て、最初のシーンに出てくるところに似ているなぁと思い(場所は確実にモンマルトル)、確認のために撮ってきたのでした。映画だと、このギンギラギンのところがカフェになっていて… でも、映画の場合はセットという可能性もあるし、まぁ、勝手に想像しているだけです…
このRONINの見どころは、本格的な迫力満点のカーチェイス!好きなクルマが沢山出てきてメチャクチャカッコいいのです。なぜか昔からカーチェイスシーンが好きで興奮してしまう。(自分で街中や高速走るのは苦手なのだけど)ミニミニ大作戦とか007でボンドが美女と競争するシーンなんかはもう…♡ というわけで、今年観た「RUSH」も好き。好きなシーンは、ニキ・ラウダが可愛いalfaromeoで田舎道をブォーンと走るシーン。ズキュン!でした。関係ないけれど、RUSHのメモ↓  実話を忠実に描いているこの映画、ニキの辛いシーンもありますが、感動的な映画です。ニキ役のダニエル・ブリュール、何か見たことあるなぁと思ったら「グッバイ・レーニン」のあの子でした♡

パリからだいぶ反れました。戻ります。

そうそう♡この、奥のテーブルにいる猫♡あぁ!また会えました♡4年前、夜にモンマルトルを散歩した時にこの猫ちゃんに会っているのです。
この写真は2010年の真冬。この窓辺の猫が置物かと思って写真を撮っていたら、動いたのでビックリ!本物の猫ちゃんです。その子が、、いたのです〜!あぁ、嬉しい。

というわけで、思い出話になってしまいましたが、まだまだまだ続く……