9.24.2011

Alo,Alo,Tai,Carmen Miranda

Elis Reginaが歌うこの曲が好き。♪Alo, Alo, Tai,Carmen Miranda

この歌詞に出てくるCarmen Mirandaは、1909年ポルトガル生まれのブラジル育ちで、1930年代後半からアメリカに渡って大人気だった歌手。一度見たら忘れられない顔立ちととびきりの笑顔、いつも重そうなトロピカルなヘッドアクセ(これもスゴイ→)とノリノリ音楽。
で、大好きな50年代の米TV「I Love Lucy」のこの回は、Carmen Mirandaのマネだったのか〜!と、後で繋がりました。マ〜ママママ ヨ キエロ〜♪ 1:07あたりからのLucyの動きに注目。あ〜、またLucy観たくなってきたぞ病が。そして本物のマ〜ママママ ヨ キエロ〜♪はこちら

9.23.2011

Sous les toits de Paris

映画メモ
Sous les toits de Paris (パリの屋根の下)  1930   René Clair ★★★★
Albert Préjean , Pola Illéry

下の"I married a witch"に続き、同じくルネ・クレールの1930年の映画。無声とトーキーが入り交じっていて、画面の構図や音の使い方が際立って面白い効果を出していました。調べるとルネ・クレールという人は、映画史にはかかせない人物で無声映画時代から活躍していた人。この作品は彼の最初のトーキー映画だそうです。
Pola役の女優さんは可愛いのだけど、話の中のPolaの性格をかわいく思えるか思えないかはギリギリのライン。だってAlbertが可哀想すぎます。でも、心温まる良い映画なのです。パリの下町〜!という感じの音楽も良いし。

9.22.2011

雨の中のカラフル

雨の中、郵便局やら銀行やらおっくうだなぁと思いながら歩いていたら、フと遠くの色とりどりに目がいく。あら公園の中にお花がいっぱい!雨のしずくがまたお花たちを一層きれいに見せていました。近くにこんなところを発見して嬉しくなりました。たまにはキョロキョロしながら歩いてみるものね。

9.21.2011

I married a witch

Cast : Fredric March   Veronica Lake

69年前!の映画で、あの米ドラマ「奥様は魔女」の元となった作品だそうです。おっちょこちょいな魔女さんのかわいいお話です。ヴェロニカ・レイクの美しさにポーっとなってしまいます。人間に乗り移る前の煙の効果とか、今ではCGなので不思議とも思いませんが、この時代の映画を観ると、どうやっているんだろう?とワクワクさせられます。




9.15.2011

THE GHOST WRIGHTER

「ゴーストライター」 2010  監督:ロマン・ポランスキー
久々に、これぞ映画だわ!と思える、刺激的で品のある映画を観てきました。見終わったあと、この映画について熱く語り合う時間までも楽しいというか。
全体的に地味なんだけれど、風景と素晴らしい音楽と、俳優たちの表情でどんどん吸い込まれて不安にさせられ、最後まで肩にグッと力が入りっぱなし。内容は、あとで考えれば考えるほど  "ん?" と思う個所が少しあるのだけど、なにしろ音楽と演出が素晴らしかったので、結果的には大満足!


9.05.2011

musique brésilienne

繰り返し観てしまうドキュメンタリー映画「SARAVAH」。音楽家・俳優であるピエール・バルーが、美しきブラジル音楽への旅を映像におさめたものです。前に「男と女」を観たとき、アンヌの夫が歌っていた曲が気になっていて、その後たまたま手に取ったこのDVDの中でバーデン・パウエルのギターとピエール・バルーがそれを歌っていて、この人が夫役の人だったのか〜とその時初めて知りました。ちなみにその歌はSamba da Bençao(Samba Saravah)という歌で、バーデン・パウエルが作った曲にヴィニシウス・ヂ・モライスが詩をつけたもの。当時のミュージシャンや彼らの友人たちの名前が出てくる、何度聴いてもしっとりと素敵なメロディーです。
Baden Powellのかっこいいこと…
息子2人がちゃんと受け継いでいます。
映像にたくさん出ていたMaria Bethania、素敵に歳を重ねていた。どうやら彼女のドキュメンタリー映画もあるみたい。これは観たい。

前から感覚的にピタっとくるボサノヴァは好きだったけど「黒いオルフェ」を観てからブラジル音楽に夢中になってしまいました。その頃タイムリーに映画館で「BOSSA NOVA」や「Vinicius」というドキュメンタリー映画を上映していて、ワクワク観に行ったものです。





9.04.2011

またブラジル音楽を聴きたくなって弟にCDを借りました。
そして、
SPUR表紙にジョジョの人!
"岸辺露伴 GUCCIへ行く"ということで、これは弟に見せなくては。